HOME > how_to > 学習時間シートPDCA

英語学習全般

学習時間の「視える化」とPDCAサイクル

CIMG4152.JPG



学習時間記録表 ー 英語学習の量と質を改善するためのツール

「なかなか英語が聞いて分かるようにならないなあ」「会話力がつかない」「TOEICの点が上がらないなあ」などと悩んでいる人は多いでしょう。英語というのは、時間をかけて勉強すれば誰でも必ず身に付くものです。

「いや、けっこう勉強したはずなんだけど」という方もいるでしょう。でも、本当に自分がどれだけ勉強したのか、把握してますか?

お金使いの荒い人が小遣い帳や家計簿をつけて、お金の使い道を記録しておくと金銭感覚が養われるのと同じように、学習時間も、目に見えるような形で管理すると良いと思います。つまり、自分の学習時間の「視える化」です。

学習した時間を目に見えるようにして管理しするツールとして、「英語学習時間管理表」というシートをつくってみました。このシートに学習時間を毎日記録すれば、ひと目で自分の学習状況が分かるようになります。学習の量や中身の点検、改善に役立ててください。

英語力の向上には時間だけでなはく、その内容の濃さ、集中度も大切ですが、絶対時間が少なくては、なかなか身につかないのが語学です。

例えば、TOEICスコアを100点上げるのには、通常200時間~300時間の学習時間が必要だと言われています。リスニングの訓練なども、かなり時間を要します。これは、音と意味を耳で聞いて脳でキャッチする力を長時間かけて完全定着させる必要があるからです。


学習時間記録表の使い方

まずこのページ下のボタンを押して「学習時間記録表」をダウンロードしてください。これを開くには、「Excel」等の表計算ソフトウェアが必要です。お持ちでない方は無料で入手できるOpen Office(http://www.openoffice.org/ja/)をダウンロードしてお使い下さい。

パソコン・タブレット等の画面上でかなり入力の手間を省いて使えるようにしてあります。もちろん印刷して手書きで使っていただいても結構です。

<記入方法と英語学習PDCA>

①学習年月とその月の学習計画時間数を記入します。
 Plan(計画)

②日々英語学習を実践し、時間数記録します。 
 Do(実行)

学習時間は以下の2種類に分類して記入してください。

●[集中学習]:集中して「聴く」「読む」「話す」「書く」などのトレーニング、学習を行う時間
【例】課題教材のトレーニング、英字新聞を読む 等

●[ながら学習]:何かをしながら英語に触れる時間
【例】車を運転しながらCDを聴く。移動しながらポータブルプレイヤーで英語を聴く 等

それぞれ何をやったのか、具体的に記録し、時間数は分単位で記入します。
学習内容・時間数ともマウスを当てセルを選ぶと、ドロップダウンで選択肢が現れるようになっていますので、いちいちタイプして記入する手間が省けます。一日分の記録に要する時間は1分足らずだと思います。

④集計:1日の「日計」、「週計」の実績は自動計算され、時間単位で記録されます。

⑤本人コメント:その月の学習時間・学習内容を振り返る。
 Check(評価)

反省があれば、見直し、改善につなげます。 
 Act(改善)

もし自分で目標とするだけの学習時間が確保できなければ、ライフスタイルを見直して、なんとか学習時間を捻出できるよう改善します。

朝起きる時間や寝る時間を変えたり、昼休みとか細切れの時間を活用するなど、自分ができることを考えてみます。例えば、単語帳を作って、どこでも開いて復習できるようにするやり方もあるでしょう。

それでもまだまだだなあ、と思うときには「設備改善」をします。つまり学習につかう道具への投資です。通勤時間に教材の本を読んでいるだけだと、歩いている時間は勉強できないから、ひとつiPodでも買って、イヤホンで英語を聴く時間を確保できるようにするとか、語彙力を増やすために、気がついた時にもっと辞書を頻繁に引きたい、単語テストをしたいから電子辞書やiPod touchを導入する。

いろいろな工夫がノウハウやモノの面で思いつくでしょう。

⑥翌月のシートに、目標時間を書き込みながら、その月の学習内容を計画してください。

こうやって、英語学習のPDCAサイクルをまわすことで、確実に勉強する習慣が確立し、学習内容の質も向上してゆくことでしょう。

また学習は、なるべく毎日時間数を平準化して(やったりらやらなかったりではなく、毎日平均的に時間を取ること)学習するのが理想です。平準化できずに、土日しかしない、あるいは、英語講座を受けている人でも、授業の前日だけ慌ててミニマムの宿題だけを片付けるタイプでは、学習時間の絶対量の確保も難しくなります。

記録自体に要する時間は1分未満でも、それを毎日つけ続けるのは面倒かもしれません。忘れないようにするには、例えばこのシートをパソコンのデスクトップに置いて、立ち上げる時、あるいはシャットダウンする時に必ず記録する、というように決めておけば、忘れず続けられるものです。

長期間は使いたくない方も、ひと月だけでも使ってみると、学習時間の見直しに大変役立ちますので、是非活用してみてください。

LinkIcon英語学習時間記録表のダウンロード



◆ 関連トピック

こんなやり方では身に付かない- 聞き流し編 -


このサイトの管理人の学習時間記録実践記
第1回目へのリンク
第2回目へのリンク
第3回目へのリンク
第4回目へのリンク
第5回目へのリンク

Other Topics

電子ブックリーダーと健康

P1020057_2_2.JPGiPad の画面で本を読むのは、目の健康に悪いの?

LinkIcon詳しくはこちら

マウスオーバー辞書

A2.png知らない単語があっても簡単に英文が読めるツール

LinkIcon詳しくはこちら

食べて英語レベル向上

英語ができるようになる食べ物って?

LinkIcon詳しくはこちら

ページの先頭へ


PC game supply.png

ページの先頭へ

お問い合わせ.png